UP-UX フリーランス(個人事業主)のエンジニア案件サイト 東京神奈川関東圏就業サポート 20代30代


戻る
タイトル キーワード:

UP-UX



対象案件

キーワード:UP-UX

キーワード説明 Tips:
UP-UXとは、日本電気 (NEC) 製サーバUP4800用UNIX。 グラフィック用ワークステーションのCAD/CAM分野への拡大と同時期、UNIXによるインターネット環境が整いつつあり、BSD系の機能を取り入れたSVR4系UNIXが要求されていた。 また、各種企業内システムにおいて、高価な汎用機やミニコンをオープン化といわれたUNIX機による代替(オルタネイトと呼ばれた)する事を目指し、1980年代後半から現在のLinuxサーバまでの連綿とした流れにおいて、一時期、国産UNIXとしての主役を務めた。 古舘伊知郎による「四方八方、4800シリーズ」などのコマーシャルもあり、郵政省や通商産業省などの主要官庁系システムにも採用され、「NECのオープン化の旗印」とされていた。そのため、国産UNIXといえばNECのUNIXという時期もあった程である。 当時、ソニー及び住友電工、DECなどとMIPSアーキテクチャのCPUによるバイナリ互換協定(ABIの共通化を図るMIPS-ABIやOCMPなど)を結び、さらにシェアを広げようとしていたが、途中で協定の主役の一人であるDECがAlphaチップを発表し、脱落した。



新規登録