ユニバーサルデザイン フリーランス(個人事業主)のエンジニア案件サイト 東京神奈川関東圏就業サポート 20代30代


戻る
タイトル キーワード:

ユニバーサルデザイン



対象案件

該当する求人はありません



キーワード:ユニバーサルデザイン

キーワード説明 Tips:
ユニバーサルデザイン(Universal Design、UD)とは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう。 世界初のユニバーサルデザインの提唱は、米ノースカロライナ州立大学デザイン学部・デザイン学研究科(College of Desgin)のロナルド・メイスによるものである。カリフォルニアにあるユニバーサルデザインセンターの長でもあったロナルド・メイスが1985年に公式に提唱した概念。「できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること」が基本コンセプトである。デザイン対象を障害者に限定していない点が、一般に言われる「バリアフリー」とは異なる。 また、具体的には、以下のようなデザイン例がある。 「安全」に配慮された自動ドア、エレベータ、ホームドアなど 障がい者向けの開発から劇的に一般に普及した典型である温水洗浄便座 トイレや浴室で使用する「インテリアバー(Interior Bar)」など 外国人などのために、文字の代わりに絵文字(ピクトグラム)を使っての各種表示を行う パソコンの操作を、キーボードやマウスだけでなく、他の入力手段に対応させる パソコンの画面表示(例えばボタンの配置やフォントの形状など)を見やすく工夫する 音声での出力に配慮した画面表示、構成にする 知的データキャリア(IDC) 細かい字が読めなくなった人のために触ることで識別できるよう工夫された道具類 頭を洗っているときは目が見えないので、シャンプーのボトルに印をつけ、リンスその他のボトルと区別するユニバーサルデザインの市場規模は、2008年現在で3兆3千億円を超えている。



新規登録